ベビーマッサージの歴史~戦後~

ベビーマッサージの戦前のことを以前書きましたが、今日は戦後のことを書きたいと思います。

第二次世界大戦以降、欧米の「抱かない/触れない育児法」がひろまってきました。
主なものとしては・・・
・抱きグセをつけない(必要なとき以外は赤ちゃんを抱っこしない)
・両親と一緒ではなく、子ども部屋のベビーベッドに寝かせる
・ミルクは一定の時間でしか与えてはいけない ...等

このような親が赤ちゃんをコントロールする育児が流行ったため、母子の伝統的な触れ合い手段であるベビーマッサージは影を潜めたそうです。

私が第一子を出産したころ、この考えはまだ薄っすらとではありますが残っていたように思います。産後に訪問してくれた助産師さんに言われたのは、

抱きグセなんて気にしないで、しっかり抱っこしてあげてね』でした。

自分たちの親の世代(子どもにとってのおばあちゃん)が「抱きグセつくよ」と言っても気にしないようにって事を言われたと思います。

その言葉を信じて、たくさん抱っこして、赤ちゃんの欲求には応え(授乳は時間を決めず)
自分なりに愛情をたっぷりそそいで子育てをしていたと思います。
ベビーマッサージを知らなかった事だけが今でも残念です。

「抱かない/触れない育児法」から、また伝統的な触れ合い手段であるベビーマッサージが見直されてきた理由については、また今度、書きます。

親子の最初の触れ合い・赤ちゃんとのタッチケア!あなたもやってみませんか?

mammy clover マミークローバーの ベビーマッサージ教室は、2パターン!

※セラピスト自宅(熊本市東区)での「おうち教室」
※赤ちゃんの外出の負担を軽減・あなたのお宅で開催する「出張教室」

いずれも随時行っています。お気軽にお問い合わせください。
inquiry

赤ちゃんの皮膚のこと

ベビーマッサージのオイルのお話を以前書きましたが、
オイルを使う理由として「赤ちゃんの肌の保護」があります。

赤ちゃんの肌は柔らかくてモチモチしていて、触れると気持ちいいですよね。
「こんな肌に戻りたいわ」なんて思うこともあるのではないでしょうか?
(私だけでしょうか?笑)

rta-baby3

そんな赤ちゃんの肌の特徴について少しお話したいと思います。

赤ちゃんの皮膚は厚さは、約1ミリで、大人の半分です。
分泌される皮脂量も個人差はありますが、1~4ヶ月頃になると急に少なくなって、大人の約1/3になります。
赤ちゃんの肌は、意外かもしれませんが、乾燥がちなのです。

保湿は大人もそうですが、赤ちゃんにとっても とても大事です。
気にかけてあげたいですね。

ロイヤルセラピスト協会では、マッサージオイルだけではなく、
赤ちゃんの肌を考慮した
ディクリームやスキンケアシャンプーなども取り扱っています。
興味のある方は、お問い合わせください。

ベビーマッサージで代謝をよくしてあげて、お肌を清潔に保ち、肌トラブルを回避してあげたいものですね。

赤ちゃんの皮膚のこと、ベビーマッサージついて、
いつものマッサージ教室より深く勉強してみたい方は、
初級講座(おうちセラピスト養成講座)」をおススメします。

お気軽に mammy clover  マミークローバー までお問い合わせください。
tel

 

ベビーマッサージの皮膚刺激

ベビーマッサージで肌への刺激をうけることは、赤ちゃんの血液中の
ストレス・ホルモン(*)のレベルを下げるため、免疫システムの機能を向上させます。

ちょっと小難しく書きましたが、たとえば動物がお互いの身体を舐め合う光景を見たことがありませんか?

特に、出産直後のお母さんが、生まれたての赤ちゃんの全身を舐めてきれいにしていますよね。
舐めることは身体組織を刺激し、母子間の絆を作る役割を果たしています。

ネコの場合ですが・・・
ネコは1日の半分以上の時間、子ネコを舐めることに費やしています。
それにより、子ネコは健康に育ちます。
しかし、逆に舐めてもらえないネコは肌への刺激がないと
消化器系の機能が正常に働かなくなり、死んでしまうこともあるそうです。

Neko

人間もベビーマッサージによる皮膚刺激で赤ちゃんの脳や神経機能が向上していきます。
未熟児さんに対する調査でもベビーマッサージを受けた子と、受けなかった子では
発達の違いがあったそうです。

赤ちゃんの成長が気になるお母様、一度ベビーマッサージを体験してみませんか?

inquiry

 

(*動物が精神的負担を感じた際、体内に発生する物質。数種類のホルモンの総称)

ベビーマッサージの歴史~戦前~

ベビーマッサージは、私自身が子育て中(2000年頃)には今のようにメジャーではなかったように思います。少なくとも私は自分の子どもに対して、残念ながら「ベビーマッサージ」を行ったことがありません。
(早く出会いたかったです!)

ここ数年、タレントさんの影響(メディア)なども拍車をかけたのでしょうか?よく耳にするようになりましたね。

rta-baby2

古来よりベビーマッサージは子守唄のように 世界中で親から子どもへ行っていたそうです。
日本でも江戸時代に「小児按摩」として各家庭で、子どもに対するマッサージが行われており、
なんと「専門家」もいて、赤ちゃんが生まれると各家庭を回り施術を行っていたそうです。
(私たちベビーマッサージセラピストの先輩ですね)

しかし、明治時代に文明開化が起こり、西洋医学が導入されるようになると、衰退していきました。
とはいえ、家庭での「抱く」「さする」「母乳をあたえる」という伝統的な育児習慣は残りました。

その後、第二次世界大戦以降に欧米の「抱かない/触れない育児法」が流入し、それまでの育児習慣は否定される傾向になってきたのでした。

続き(戦後)は、また今度。

このような理論もしっかり学習できる 資格取得講座 も
mammy clover マミークローバーでは随時行っています。
お気軽にお問い合わせください。
inquiry

ベビーマッサージで便秘解消

今日はベビーマッサージの効果の1つで、実感としてすぐに体感して
いただける事が多い・・・お話したいと思います。

赤ちゃんの便秘 にお悩みのお母様、必読です!

ベビーマッサージでは、マッサージオイルを使いお腹を優しく
腸の動きに沿ってマッサージします。
お母様の手のマッサージの刺激で、腸の動きが活発になります。

お尻のマッサージを行う際、足をお腹に引き寄せるようにするので
お腹が軽く圧迫されることでガスなども出やすくなります。

また足裏のリフレクソロジーも施しますので、リンパの流れもよくなり、
おしっこや便が老廃物として体外へ・・・!
マッサージ中におしっこが出る赤ちゃんも多いんですよ。
baby097

ベビーマッサージを一度「教室」で体験し、
お家でも続けると・・・
赤ちゃんの便秘解消も夢ではないかもしれません。

ベビーマッサージ教室(おうち教室・出張教室)で、
手技(やり方)を教わり、ママから赤ちゃんへ・・・
タッチケアしてみませんか?

inquiry

 

ベビーマッサージで使うオイルについて

ベビーマッサージではオイルを使います。
その理由は、機能の未熟な赤ちゃんの肌への摩擦を避け、肌の上でスムーズに
ママの手を動かすためです。
色々なメーカーがオイルを販売していますが・・・

ロイヤルセラピスト協会では独自のオイルを作りました。
最高純度のピュアホホバオイルとナノ化プラチナを融合させた
世界初のベビーマッサージオイルなんです。

オイル

とっても伸びがよく、サラッとした使い心地です。
ママの手・赤ちゃんの肌にすっとなじみます。
マッサージを終えた後、洗面台で手を洗いたくなる...なんてことはありません!

もちろん!使い心地だけではなく・・・
機能が未熟で敏感な赤ちゃんの肌を考え、
不純物を極限まで排除し、保存剤・防腐剤を一切含有していません。

安心してご利用いただけるピュアホホバオイルです。
ロイヤルセラピスト協会のベビーマッサージオイルを使用して
ベビーマッサージをしてみませんか?

※赤ちゃんの肌については、また今度、書こうと思います。

inquiry