アトピー性皮膚炎と汗の関係

とにかく暑い!じっとしてても暑い!そんな熊本の夏です。
お部屋で過ごしてもじんわり汗ばんできますね。

アトピー性皮膚炎のお子様をお持ちの方は、
特に気にかけている方が多いのではないでしょうか?

以前は「なるべく汗をかかないように」と指導を受けることが多かったようです。
それは、汗が症状を悪化させる要因とされていたためのようです。

しかし、汗は抗菌作用や保湿の成分が含まれていて
感染予防やお肌の乾燥防止に役立つのです。
それは、【バリア機能】を高めるということ。

バリア機能が整うということは、
アトピー性皮膚炎の症状改善の鍵を握るのです。
AR003_L

また、アトピーの方は、アトピーではない方よりも
汗をかきにくいとこがわかってきたそうです。

発汗が不十分な状態が、皮膚の乾燥や感染症を招き
アトピーの症状をこじらせる悪循環につながっているそうです!!

ただし、汗をかいた後の対策が大切です。
・シャワーを浴びて洗い流す
・おしぼりでふき取る
・水道で炎症の起こりやすい部分(肘など)を洗う

上手に汗をかき、お肌のバリア機能を整えて
皮膚のトラブルを改善していきたいですね。

赤ちゃんからのスキンケアで、バリア機能を整え、
皮膚トラブル知らずのプルルンお肌になるヒントがたくさんつまった
ベビースキンケア教室の模擬教室を行います。
7/31の教室(10:30~)はあと1組参加可能です。
ご希望の方はご予約ください。
mammy clover おうち教室(熊本市東区長嶺東)での開催です。
inquiry