タッチケア不足はいくつになっても挽回できる

注文していた本が届きました~♪
雨の土曜、久しぶりにのんびりでしたので、朝にさらりと読み、
また深く読み返しています。
11725561_1106254436055553_1544628348_o

自分の子どもは、年齢的に、
ベビーマッサージでのタッチケアはできないのですが、
最近は、疲れた足をリフレクソロジーで癒すことが増えました。
うちのように年齢があがっていってからのタッチケアとして最適です。

タッチケアは乳児期に非常に大切な役割があります。
なかでも出産直後から生後1年くらいまでは特に重要です。
これからママ・パパになる方は是非取り入れてほしいです。

でも・・・
「今思うとスキンシップが不足していたかも」と思うママやパパも大丈夫!

タッチケア(スキンシップ)不足は挽回できるんです!!

年齢があがっていても、大人でも大丈夫なんですよ。
中高生くらいのお子さんに突然
「マッサージしてあげる」と言ってもきっと難しいでしょう。

そんなお年頃のお子さんには・・・
試験の朝、送り出す時に肩をポン!と叩いて
行ってらっしゃい!と言ったり、

試合などでいい結果が出たときに手を差し伸べ握手しながら
おめでとう!と言ったり、
そんな些細な触れ合いでいいんです

スキンシップ不足はうつ病や不安障害、摂食障害といった心の問題につながっていくこともあるそうです。
お家でタッチケア(スキンシップ)沢山してあげたいですね。

ベビーマッサージは心と身体を育てます。
対象は1カ月検診後の赤ちゃんから年齢の上限はありませんよ。
お座りの上手な月齢のお子さんには、その動きを制限しないような
マッサージをチョイスしましょう。

mammy clover の ベビーマッサージおうち教室は
7月は3回予定しています。
ギフト券での参加も可能です。ご予約の際、お申し付けください。
ご予約は前日までです。
inquiry