アトピー性皮膚炎の未然予防

ベビースキンケアを学んでいます。
その中で、避けて通れないのが「アトピー性皮膚炎」のこと。

自分が子どもの頃、お友達がひどいアトピーに苦しんでいました。
その皮膚の状況や、掻き壊しを覚えています。

当時は、まだ治療法も確立していなかったことと、
治療に今でも有効とされている「ステロイド剤」がある報道の影響で
人体に害を及ぼすというダークな印象をもたれたこともある様です。

今は「標準治療」が確立されています。

1.炎症を抑える薬物療法
2.入浴と保湿のスキンケア
3.悪化要因探しと対策

ステロイド剤は、アトピーの炎症を抑えるのに有効です。
赤ちゃん~大人まで同じではなく、年齢や症状にあわせて
濃度の違うものが処方されるそうです。

以前、皮膚科の先生が言っていました。
【かゆみは、痛みより我慢できない!!】そうです。

かゆいと、掻いてしまい、皮膚を痛めてしまいます。
まずはかゆみを抑えてあげましょう。

炎症が収まったら肌の角質層の修復です。
入浴できれいに洗浄。その後の保湿が大切ですよ。

ロイヤルセラピスト協会では、ベビースキンケアに力を入れています。
お肌のバリア機能を整えることが、大切だからです。
アトピー性皮膚炎の未然予防としても保湿が大事です。

そのために、
産まれてすぐの赤ちゃんから保湿が有効だということを
ママたちに知ってもらいたい。
できればプレママ(妊娠中)に是非、知ってもらいたいものです。
rta-skincare

アトピーにならないお肌へ。
アトピーになっても慌てない知識を持つことは大切なこですよ。

mammy clover ではベビースキンケア教室の開講準備中です。
お楽しみに。
inquiry

<参考文献>http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/index.html