商品説明の文言

今日から高校生の息子は、朝の課外授業の前に、部活動の朝練をするそうで、
5時起床でした。お弁当にプラスしておにぎり3個・・・炊飯器のご飯が瞬く間に減りました。
育ち盛りは食べ盛り!嬉しい悲鳴です。

ベビーマッサージセラピストの勉強を始めてから、自分の変化に気がつきます。
今まで気にも留めなかった事柄が気になります。

赤ちゃんや子育て中のママやパパ、孫とのかかわりに悩む祖父母の新聞記事などはもちろんのこと、
今、一番気になるのは、各種商品の説明や広告に使われている文言です。

無添加、植物由来、オーガニック etc

上記はいずれも一般的に『安全・優しい』イメージを与える言葉ですよね。
でも本当に安心して使えるものなのでしょうか?

たとえば・・・
オーガニック化粧品って言葉、聞いたことありませんか?
実はこれは製造元がイメージで使っている言葉だそうです。
本来は、「オーガニック」は食品カテゴリーで使う言葉で、
農林水産省の定めるJAS法によって、厳しい規制があるんですよ。

RTA指定スクールがべビーマッサージのときに使っている
「PJオイル」は化粧品です。

オイル
機能が未熟で敏感な赤ちゃんの肌を考え、不純物を極限まで排除しています。
これを「精製」といい、化粧品として必要な成分だけを抽出することです。

食用のオイルや、不純物が含まれるオイルで
大切な赤ちゃんにベビーマッサージ、、あなたはできますか?

RTAでは、PJオイルも3つのサイズで販売しています。
特にミニボトル(10ml)があるのは、
薬事法により、私たちは大量のオイルを購入し、自分が用意した容器
小分けにしてお譲りすることができないためです。
小分けにする行為は、「化粧品製造」となり許可が必要なのです。

RTAでは、赤ちゃんの肌を一番に考えた商品開発を行っています。
オイル以外の商品もおすすめですよ。
お問い合わせください。

また、セラピスト自身が法律を学び、
お客様を守り、自分自身も知らないうちに法を犯すことがないように
勉強する機会がある、
それがロイヤルセラピスト協会なのです。
開業してからも心強いですよ。

RTA指定スクール mammy clover
のベビーマッサージ教室では、
もちろん「PJオイル」を使っています。RBMlogo

ただし、オイルを使うか、使わないかを選ぶのはママ(保護者)さんです。
オイルを使わない選択もありますよ。
「他のメーカーのオイルを使いたい」などはご相談くださいね。
inquiry