赤ちゃんの頭皮のトラブル

赤ちゃんの汗腺の数は、生まれた時から大人と同じだけあります。
そう、表面積に対して汗腺が集中しているってことです。
くわえて、体内を占める水分量が大人より多いため、汗かきであせもなどの湿疹ができやすい状態です。バリア機能も未熟なため、赤ちゃんは肌トラブルを起こしやすいです。

赤ちゃんにできる湿疹を総称して「乳児湿疹」とよびます。
中でも、特に多いのが、頭皮にかさぶたのようになる「脂漏性湿疹」です。

生後数週~4ヶ月くらいの乳児に多くみられます。
たいてい、肌のバリア機能が整う1歳くらいには治ります。

かゆみはない...といわれていますが、見た目に「おぉー!」という状態なので、
保護者様には気になるところですよね。

我が家の長男(現高校生)も頭皮(特に前髪の生え際がひどかった)にびっしりとかさぶたができ、ビックリしたことがあります。

基本的には、きちんとシャンプーして洗い流すことが大事なのですが、
赤ちゃんの皮脂の過剰分泌のスピードにおいつかないような気がします。
毎日、ちゃんとシャンプーしていても、「脂漏性湿疹」に悩むママがそれだけ多いのですから。

赤ちゃんがかゆがったり、痛がっている様子があれば、もちろん病院へ!

お風呂の前のケアとして、一般的なのは
入浴の約30分前にベビーオイルなどをつけてあげる
ことですね。
かさぶたを柔らかくしておくと、シャンプーの際、力を加えなくても取れることが多いですよ。
焦らず、気長にケアしてあげたいですね。
 うちの子も、毎日の入浴前のオイルしていましたが、効果はすぐには現れず。
 でも、ある時、急にきれいな頭皮になっていました☆

mammy clover のベビーマッサージ教室で使うオイルは、
ロイヤルセラピスト協会が赤ちゃんのために開発したオイルです。
機能が未熟で敏感な赤ちゃんの肌を考え、
不純物を極限まで排除し、保存剤・防腐剤を一切含有していませんよ。
オイル
頭皮のケアにもいかがでしょうか?

販売もしていますので、気になる方はお問い合わせください。
tel