女性の働き方を考える

今は、国の指針や会社の取り組みもあって、
結婚や出産を期に退職する女性は減っていますね。

働き方はさまざまですが、仕事をもつ人が増えています。
(正社員・パート・契約社員・派遣社員など)

私は高校卒業後、正社員として働き始め、2度の産前産後休暇、
育児休職をいただきながら家庭と仕事の両立をしていました。
 両立のレベルはおいておきますけど...(笑)

出産後の職場復帰は、特に初めての育児に奮闘しているママにとっては
復職後の生活が想像できない、、未知の世界ですよね。
思い描いたとおりにはいかず、イライラしたり、
落ち込んだりすることも多々あるでしょう。

保育園からの電話(子どもがお熱ですよ~など)がなるたびに、
また会社に迷惑かけてしまう・・・という負い目。
そして、そう思ってしまうことで、子どもへも負い目を感じたり。

外的要因(職場の雰囲気・理解・制度など)で、個々のおかれる状況は様々ですが、
ママへの負担が大きいのは、昔も今も あまり変わらないようです。

女性の働き方は様々です。
ご主人の扶養の範囲でパートを選ぶ方もいるでしょう。
スキルを活かし正社員として頑張っている方もいるでしょう。

そんな中、正社員→派遣社員として仕事をしてきた私が選んだのは
家で仕事をする」ことです。

子どもが小さい頃に、この転職ができていたら・・・と思うことも多いです。
家で仕事をするということは・・・子どもとの生活を考えるとイイコトだらけ!
もちろん、個人事業ですのでリスクもありますよ

・仕事を自分でコントロールできる
 (学校行事などのある日はお教室を入れないなど)
・子どもが病気のときでもゆっくり看病できる
 (職場に迷惑かけてるという重荷がないので)
・子どもと過ごす時間がたくさんとれる

働き方は千差万別。
あなたにあった働き方を考えてみるのもいいかもしれません。

家で仕事をすることに興味のある方は、
素敵な天草陶磁器のカップでお茶でも飲みながらお話しませんか?
私の育児経験のお話もご参考になるかもしれません。

11026712_1033148323366165_1509242297_n

熊本市東区 mammy clover (マミークローバー) へ
お気軽にお問い合わせください。
tel